スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知恵の聖木



私が大変お世話になった博多の雑貨店のオーナーさんだった河上さんから届いたメールと画像です!

河上さんは10年ほど前に引退され、その後カナダに移住され、カナダの地に住み奥様と愛犬とでゆったりとした時間を楽しまれています。
つれづれにカナダの雄大な景色やその文化や趣味のテニス大会のことやスキーのことなど年に何度かお便りくださいます。
時にカナダやアメリカのお友達の素敵な陶器やアート作品のこともありました
引退されても素敵な物やこと、素晴らしいお友達に囲まれた河上さんは私には理想的な生活をされている雲の上の方なのですが、私は勝手に師匠とあがめております・・・

そんな師匠・河上さんから今回いただいた画像と文面には、今まで以上にそれはそれはびっくりしてしましました

こんな文面でした

”昨年から木彫りをはじめました。雨ばかりの長い冬を過ごすにはこれは絶好です。

最近の木彫り品はこんなんですが、如何でしょうか?

メープル、アビュータス、オーク、ブラッドウッド等、北米と南米の材を使っています。

アビュータスは日本にはなくて、こちらでも海岸線だけにあり、コーストセーリッシュと言う部族の人たちはむかしからこの木を”知恵の聖木”と呼んでいたようです。”

ご自身で丁寧に彫られた木彫の品の数々の画像とこの文面に!
私は大自然への畏怖や感謝や祈りに近いものを感じました、そしてこの木彫の品からはとても落ち着く安らぎや人のこころの温かさを感じました。本当に素敵な作品たちです。

そして知恵の聖木と呼ばれるアビュータスという木が知りたくなりました、冬の乾燥したカナダの大地に生きる木ですからきっと硬い木なんだろうと思います・・・

感激と驚きと素敵すぎる師匠からのメールでした!

河上さんは雑貨店のオーナーさんだった当時からずば抜けたセンスをされていましたが・・・
この木彫品はすでに素人の域ではなく、河上さんという作家がカナダでの長年の生活からインスパイアーをうけ素晴らしい才能を開花されたのだと思います。
私は心豊かで素敵な年齢の重ね方を学ばせていただきました。


貝の杜

まだまだ私は師匠に遠く及びません・・・弟子というのも憚れますね
関連記事

非公開コメント

プロフィール

kainomori

Author:kainomori
貝ボタン・アクセサリーパーツ 
水牛のボタン・アクセサリーパーツの個人さま向けウェブショップ

貝の杜
ブログ

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。